日本混合バレーボール協会|JMVAオフィシャルサイト。混合バレーボールの素晴らしさを広めることを目的としています。

JMVA公式球ご購入はこちら
コンバレ

JMVAの沿革


沿革

■2003年6月28日■ 
 マグナムカップ第1回混合バレーボール大会 女子大会の付属大会として12チームで混合大会を開催

■2004年5月から6月■ 
 単独の混合大会として開催

■2004年度■ 
 多くのチームとの交流を楽しめるように、1セット制度を導入
 概算約195チームが参加

■2005年■ 日本混合バレーボール協会設立
 男女が同じ土俵の下、平等に競技できる究極のスポーツとして世に産声を上げる。
 日本バレーボール協会との提携、日本体育協会加盟と国体正式種目入りを目標。
 初代会長には、大江芳弘氏(NPO法人マグナムカップ代表)が就任

■2005年度■ 
 関東地域で第1回日本混合バレーボール選手権大会を開催 約177チームが参加
 概算約329チームが参加
 
■2006年度■
 大会開催を関東、東北、東海地域に拡大
 概算約625チームが参加

■2007年度■ 
 関東、北陸、北関東、東海、関西、中国、四国地域で大会を開催 
 公益財団法人日本バレーボール協会後援
 新日本スポーツ連盟後援
 概算約962チームが参加
 
■2008年度■
 概算約900チームが参加
 

■2009年度■
 関東、東北、北陸、北関東、信越、東海、関西、中国、四国、九州地域にて大会開催
 トップ選手、B級選手、C級選手のための身近な全国大会として「全国大会本戦」「全国選抜大会」「全国交流大会」を開催。
 日々練習に励んでいるチームにとってより有意義な大会とすべく「チーム登録制」を導入。
 スポ―ツ振興くじ(toto)より助成金を受け子どもスポーツ教室を開催
 概算約1073チームが参加

 

 ■2010年度■
 バックアタックのルールやリベロゼッケン着用の義務などのルール改正を行う。
 「関東大会本戦」「関東選抜大会」「関東交流大会」を実施後、上位チームで「全国大会本戦」「全国選抜大会」「全国交流大会」を開催。
 JMVAの新ルールを盛り込んだJMVAルールブック第2版を発行
 JMVAと(株)ミカサと共同開発の混合バレーボールMVB001導入
 スポ―ツ振興くじ(toto)より助成金を受け子どもスポーツ教室を開催
 概算約1276チームが参加

 ■2011年年度■
 関東、北海道、東北、北陸、北関東、信越、東海、関西、中国、四国、九州地域にて大会開催
 概算約1150チームが参加

 ■2012年度■
 概算約1235チームが参加
 
 ■2013年度■
 概算約1100チームが参加
 
 ■2014年度■
 スポ―ツ振興くじ(toto)より助成金を受け健康バレーボール教室を開催
 概算約1135チームが参加
 
■2015年度■
 MVB002導入
 スポ―ツ振興くじ(toto)より助成金を受け健康バレーボール教室を開催
 概算約1100チームが参加
 
■2016年度■
 外国人も気軽に参加できる練習場所や大会の模索、開催。
 スポ―ツ振興くじ(toto)より助成金を受け健康バレーボール教室を開催
 概算約1290チームが参加
 
■2017年度■
 バックアタック禁止などのルール改定を含めたJMVAルールブック第4版を発行
 MVB003導入
 概算約1152チームが参加
 
■2018年度■
 各地域協会との連携強化のため第1回JMVAサミットを開催。