日本混合バレーボール協会|JMVAオフィシャルサイト。混合バレーボールの素晴らしさを広めることを目的としています。

JMVA公式球ご購入はこちら
コンバレ

JVAルールとの主な相違点


競技ルール

  • ジャンプサーブ禁止
  • ドリブル:オーバーパス失敗のドリブルは反則としない。
  • ネット上空でのおしあい時、1秒以上ボ-ルがとまった場合にはノ-カウントになります。
  • アンテナ外(アンテナ上空を含む)を通過したボ-ルは1本目、2本目、3本目を問わずその時点でボ-ルアウトになります。
  • タッチネット:ラリー中及びラリー直後にネット(アンテナ、サイドバンド、ひもを含む)に触れた場合には反則です。
  • パッシング:掌、シューズ以外は相手コートに触れたら反則です。 片方又は両方のシュ-ズもしくは掌が相手コ-トに完全に入った場合、または掌・シュ-ズ以外の部分が相手コ-トに触れた場合にはパッシングになります。 試合中(初めの握手から最後の握手まで)に完全に相手コ-トに侵入した場合にはイエロ-カ-ド(警告)になります。
  • ホールティング:ボールを制止させない限りボール1球分のキャリーは反則としない。 下記のプレ-に関してホ-ルディングの反則としてください。 1、ボ-ルをキャッチする行為(ボ-ルの動きを止める行為) 2、ボ-ルをキャリ-(ボ-ルにタッチしてからリリ-スするまでにボ-ル一個分以上距離があった場合)する行為
  • オーバーネット:厳密に取ります。 相手空間上にあるボールをダイレクトにスパイクで打つと反則になります。(ダイレクトスパイク禁止) ダイレクトボールは両手で返球すること。
  • バックアタック禁止
    バックアタックの定義 後衛プレイヤ-が白帯より完全に上にあるボ-ルをジャンプして(両足を地面から離して)相手チ-ムへ返球する行為

服装など

●ユニフォーム1:2種類までチームユニフォームとして認めます。詳細は「ユニフォーム規定」をご覧ください。
●ユニフォーム2:リベロの選手は必ず指定のリベロゼッケンの着用が必要 ※ビブスにLの文字が入っているもの。
●ユニフォーム3:別々の選手の同一背番号は認めません。
例:男女で違うユニフォームを着用し同じ背番号がいる等。
●ユニフォーム4:JMVAで認めている背番号は0(00)~99まで。3桁は不可です。
 

その他の注意点

●ネットの高さ:224cm
●オリジナルボールMVB001を使用(従来球より柔らかくけが防止に特化しています)
●ローテーション:男性・女性を交互とする3:3
●男女のプレイ制限:一切なし
交代:リベロを含めて同性とのみ
●リベロルール:3名のリベロが同時にコートに立つことができる(男女各2名登録可能)
●公式練習は行いません。
●全てのセットは25点1セットマッチでデュースは2点差がつくまでです。(最大35点までとします)
●タイムは2回、選手交代は6回までです。
●チームの構成は監督、コーチ、マネージャー各1名と選手12名の計15名とし、これ以外の人はベンチに入ることは出来ません。
●(1人1日1チームのみのベンチ入りの徹底(試合中に登録メンバー以外が試合に介入(アドバイスや情報提供)する行為は禁止します。)
●ベンチスタッフ(監督、コーチ、マネジャー)は必ずシューズを着用してください。
●タイム中に関しては全チームボールの使用は禁止します。
●試合間は各チーム1試合目のみ5分間程度、2試合目以降は3分程度とします。
●試合間のコートでのボール使用は次ゲームのチームのみにしてください。